西郷隆盛と明治維新

薩摩藩は明治維新という時代の大きな変革期に、西郷隆盛をはじめとする多くの人材を輩出し、大きく貢献しました。背景には、薩摩藩独自の教育制度や組織体制、ネットワークなどがありました。日本の西南端に位置し、早くから西洋列強の外圧にさらされた薩摩藩は、日本の独立を守るため、全国に先駆けて西洋式の製鉄、製砲、造船、紡績等に取り組み、産業の近代化を図りました。当初から倒幕を目的としていたのではなく、朝廷と幕府の協力の下、日本を一つにまとめて外国の勢力に対抗できる新たな国家建設を目指していたのです。

大政奉還、王政復古の大号令の後、鳥羽伏見の戦いが勃発し、戊辰戦争が始まります。天皇中心の新国家を建設するため、薩長土肥を中心とする官軍は旧幕府軍を降し、国内を平定しました。新たに樹立された明治政府は、政治・経済・社会など様々な分野で改革を行い、近代日本の基礎を築きました。その過程においても、西郷ら多くの薩摩藩出身者が様々な分野で重要な役割を果たしました。


西郷隆盛を生んだ薩摩藩の気風

学問のレベルが高く、高い志や公のために身を捧げるという考え方を持っていた。

薩摩藩では、薩摩藩独自の「郷中」という青少年教育があり、地区ごとに年長者を中心とした集団で学んでいました。西郷も郷中を通じて、リーダーシップを育んでいきました。
薩摩藩では江戸時代中期に藩校造士館が設置され、武士の子供たちはここで朱子学を中心とする儒学を学びました。薩摩藩の学問の特徴の一つは理論よりも実践を大事にするということで、武士たちは自ら行動する志や公のために身を捧げる考え方を身につけました。

家柄に関係なく優秀な人材を登用し、藩が一つにまとまって行動できる体制をとった。

江戸時代、就ける役職は家柄に応じて決まっていました。しかし、幕末期の薩摩藩では、優秀な人材が重要な役職に抜擢されることもありました。下級武士であった西郷も、島津斉彬によって登用された一人です。斉彬の死後、薩摩藩を率いることになった島津久光も西郷や大久保利通ら下級武士を中心に結成した誠忠組から優秀な者を登用し、その中から明治維新の中心人物となる多くの人材が輩出されました。

琉球などを通じて海外の情報を得ており、早くから西洋列強への危機感を感じていた。

間接的に琉球を支配していた薩摩藩は西洋列強の動きを独自に把握していたほか、長崎や横浜からも海外情報を入手するルートを持ち、列強の軍事力・技術力が日本よりはるかに優れていることを正確に把握していました。戊辰戦争の前、西郷はイギリスからの軍事支援を断っています。これは西洋列強がアジアを植民地化する際に、軍事支援から始めることがそれまでの西洋列強の手段であることを西郷をはじめ薩摩藩の指導者たちは、独自の情報で知っていたからといわれています。

倒幕が目的ではなく、日本が一つにまとまり新たな国家を作る必要性を感じていた。

西洋列強の情報を把握していた薩摩藩は、日本の独立を守るためには、西洋を排斥する攘夷ではなく、国が一つにまとまり近代化を図っていく必要性を感じていました。戊辰戦争で参謀として官軍を指揮した西郷は、江戸総攻撃を前に幕府方の勝海舟と会見し、総攻撃を中止して江戸城は無血開城されました。この時、戦災を免れた江戸は明治維新後、東京と改められ、近代国家建設の中心地となりました。

※詳しくは「明治維新と郷土の人々」をご覧ください。