くつろぎスポット

西郷どんがかなりの頻度で鹿児島県内各地の温泉に出かけていたことはよく知られています。

最も多く訪れていたのは、日当山温泉。慶応2年に坂本龍馬が妻お龍を伴い霧島の温泉を訪れた際にも途中で日当山温泉に入浴しています。総じて山間部の温泉が選択されたのは、狩猟で各地を訪れることが多かったからでしょうか。西郷どんの体型は今の言葉でいえば「メタボ」状態にあり、適度な運動をするようにと医師からも進められていたようです。そこで行っていたのが狩りでした。東京の上野恩賜公園に建つ銅像もその狩りの姿を映したものであり、狩りに伴う犬についても溺愛していたというエピソードは多いようです。

また、若いころの西郷どんは、郡方書役助という農政に関わる仕事に従事していました。そのため、薩摩半島を中心に藩内各地に土木事業ゆかりのものが伝わります。他にも、県内各地には旧街道や麓と呼ばれる武士の居住地域があり、それらにも西郷どんゆかりの逸話が伝わっています。西郷どんを愛する鹿児島らしい名所・旧跡ばかりなので、ぜひ訪ねてみてはいかがでしょうか。

  • 01|日当山温泉

    西郷どんが最も訪れている湯治場。地元の名家・龍宝家の屋敷を間借りし湯治しており、その屋敷は別の場所に復元されている。

    アクセス

    鹿児島県霧島市隼人町日当山地区

    ・JR 日当山駅から徒歩で約10分
    ・隼人西ICから車で約15分
    ・溝辺鹿児島空港ICから車で約15分

    問い合わせ

    日当山温泉旅館組合
    TEL:0995-42-0607(清姫温泉)
  • 02|栗野岳温泉

    狩りをするには最適の環境。八幡大地獄の名を持つ噴気口の湯けむりは必見。西郷はこの地を気に入り知人への手紙に「仙境」と記すほどであった。

    アクセス

    鹿児島県姶良郡湧水町木場6357

    ・JR 栗野駅から車で約15分
    ・栗野ICから車で約20分

    問い合わせ

    栗野岳温泉南洲館
    TEL:0995-74-3511
  • 03|有村温泉

    西郷どんは明治9年に訪れている。桜島の南側に位置するこの地は、江戸時代を通じての温泉地であったが、大正3年の大噴火の溶岩流出によって埋没した。しかし現在も有村町の源泉を持つ施設が営まれている。

    アクセス

    鹿児島県鹿児島市有村町

    ・桜島港から車で約10分

    問い合わせ

    さくらじまホテル
    TEL:099-221-2311
  • 04|鰻温泉

    佐賀の乱に敗れた江藤新平がこの地に滞在していた西郷を訪ねたことでも有名。地域は噴気を利用した「スメ」というかまどがあり、西郷もこの地で蒸した料理を食べたと考えられている。

    アクセス

    鹿児島県指宿市山川成川6517

    ・JR 山川駅から車で約10分
    ・指宿ICから車で約15分
    ・山川港から車で約15分

    問い合わせ

    指宿市観光協会
    TEL:0993-22-3252
  • 05|川内高城温泉

    訪れた時期は明らかでないものの、西郷どんの逸話がたくさん伝わる泉質自慢の温泉郷。

    アクセス

    鹿児島県薩摩川内市湯田町川内高城温泉

    ・肥薩おれんじ鉄道 西方駅から車で約10分
    ・薩摩川内水引ICから車で約15分

    問い合わせ

    薩摩川内市観光物産協会
    TEL:0996-25-4700
  • 06|吹上(伊作)温泉

    明治3年この地を訪れている西郷。湯治中、狩りに出かけた西郷どんが腰かけたといわれる大石や、狩猟場を示す記念碑も周辺地域にある。

    アクセス

    鹿児島県日置市吹上町湯之浦

    ・美山ICから車で約30分
    ・谷山ICから車で約40分

    問い合わせ

    日置市観光協会
    TEL:099-248-7380