西郷隆盛とは


西郷隆盛
 明治維新で活躍した西郷隆盛は、文政10年(1828年)、鹿児島城下の下加治屋町(現在の鹿児島市加治屋町)で生まれました。
 西郷は下級藩士でしたが、軍事や産業の近代化を進める集成館事業を展開するなど先見の名があった薩摩藩主、島津(しまづ)斉(なり)彬(あきら)に見出され、将軍継嗣問題などに奔走します。
西郷隆盛生誕の地
山川港|ここから奄美大島や徳之島へ渡った  斉彬が急逝すると西郷をとりまく環境は悪化し、奄美大島や徳之島、沖永良部島での生活を余儀なくされます。しかし、島でのゆったりとした時間と美しい風景は、西郷の人間形成に大きな影響を与え、「敬天愛人」の思想を育んだと言われています。
 その後、表舞台に戻った西郷は、禁門の変や幕長戦争で大きな働きをし、戊辰戦争では、官軍の参謀として旧幕府軍に勝利し、明治政府樹立の立役者となりました。特に勝海舟との話し合いによる江戸城無血開城は、大きく西郷の名を高めることとなりました。 西郷隆盛銅像
南洲神社|西郷隆盛銅像  明治維新後は新政府の参議として廃藩置県を行うなど重要な役割を果たしていましたが、政府内での意見の対立から、職を辞して鹿児島へと戻ってきます。その後は私学校を開設し、若者の教育などにあたりました。
 しかし、政府の政策に不平を持つ若者たちの暴発を抑えることができずに、西南戦争が勃発。西郷軍には九州各地から多くの士族が加わり、激しい戦いが繰り広げられましたが、最後は官軍によって鎮圧され、西郷は鹿児島城山で自刃しました。

西郷隆盛 生涯年表

文政10年(1828) 0歳 鹿児島城下 下加冶屋町にて生まれる
弘化元年(1844) 16歳 郡方書役助となる
嘉永4年(1851) 23歳 島津斉彬、11代藩主になる
嘉永6年(1853) 25歳 ペリー来航
安政元年(1854) 26歳 斉彬に従い江戸に赴き、庭方役になる
篤姫の大奥への輿入れの準備に奔走
安政5年(1858) 30歳 安政の大獄、徳川家茂14代将軍となる
月照と入水、西郷だけ蘇生
奄美大島に潜居
万延元年(1860) 32歳 桜田門外の変
文久2年(1862) 34歳 沖永良部島へ遠島命令
生麦事件
文久3年(1863) 35歳 薩英戦争
元治元年(1864) 36歳 赦免され、京都に入る
禁門の変で長州撃退、勝海舟と会見
第一次長州征伐に参謀で随行
元治2年(1865) 37歳 岩山イトと結婚
慶応2年(1866) 38歳 薩長同盟締結
明治天皇即位、徳川慶喜15代将軍となる
慶応3年(1867) 39歳 大政奉還
明治元年(1868) 40歳 鳥羽伏見の戦いで勝利、東征大総監府参謀に
勝海舟と会談、江戸城無血開城
明治2年(1869) 41歳 政府の出仕要請を固辞、薩摩藩参政に
版籍奉還実施
正三位に叙せられる
明治4年(1871) 43歳 政府に出仕、廃藩置県を断行
岩倉使節団出発
明治5年(1872) 44歳 明治天皇の西国巡幸に随行、陸軍元師兼近衛都督になる
徴兵令実施、陸軍大将となる
明治6年(1873) 45歳 西郷の朝鮮派遣が閣議決定
岩倉・大久保ら帰国、西郷の朝鮮派遣が中止になる
参議・近衛都督を辞職し、鹿児島に帰郷
明治7年(1874) 46歳 私学校設立
明治10年(1877) 49歳 西南戦争で南九州を転戦、鹿児島城山で自決